AEDとは

緊急事態に活躍する医療機器

AEDの正式名称は自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)で、英語の3つの頭文字を取って略してAEDと呼ばれています。
AEDは、突然体に起こる心臓の痙攣により発作に見舞われたり、失神してしまった患者を救う医療機器です。
具体的には、AEDの電源を入れると、患者の心電図を測定し、解析を行います。
さらに必要に応じて電気ショックを試みます。

電気ショックにより血液のポンプが正常なリズムを取り戻し、心臓や肺の働きが蘇生するというものです。
AEDが便利なのは、特別な医療知識を必要としないからです。
その理由はAEDが音声やモニター画面で心肺蘇生への手順を指示してくれるからです。

AEDは医療従事者だけが使うものではなく、一般市民も使う機会があります。
例えば学校では、激しい運動をする体育館や保健室にさりげなく置かれており、緊急事態に備えて教職員がAEDの操作を含む救命講習を受けています。

AEDにより救急処置は飛躍的に進歩

突然心臓が停止したら、そのままにしていると時間が経過するだけです。
時間が経過すると、1分間におよそ7~10%ずつ心臓が蘇生する可能性が低くなっていきます。
つまり気がついた段階ですぐにAEDを使用することで、心臓の蘇生の可能性をより高めることになります。

停止した心臓は心室細動が起こっています。
心室細動の状態を正常な状態に戻すためには、除細動を起こすことが必要です。
心臓マッサージなどの昔からの方法もありますが、やり方を知らない人がいたり、技術を必要とします。
そこでAEDの電気ショックにより、強制的に除細動を起こすことで、より早くより確実に心臓蘇生を促すことができます。

さらにAEDでは、患者の心電図をその場で測定することができます。
その場で除細動が必要な波形かどうかが判定できますので、電気ショックのタイミングを逃すことがありません。
AEDによる救急処置で救われた方が沢山いることは、AEDの効果を実証しているものと考えてください。